キモノ部門 KIMONO SECTION

何よりも重要なのは、お客様に「キモノを着る事の楽しさ」をお伝えすること

着物

一生に一度の晴れ舞台にふさわしい振袖を。

一生に一度の晴れ舞台を演出する振袖も、柄や色遣いもモダンになり、様変わりしています。弊社では京都で培ったネットワークを活かして、今の若い方の感性に合わせた振袖を提供しております。
TONOYOでは、単純にお客様に「キモノを買っていただく」のではなく、「"キモノを着たい"という気持ち・場面の演出をする」ことによって、和装の楽しさをお伝えします。
キモノという伝統的なファッションの中にデザイン性やアート性などさまざまな新しい要素を加えて、新しい楽しみ方をご提案し、「伝統産業」の枠にとどまることなく、キモノ産業を、お客様に『夢』をご提供する"夢産業"へと進化させ続けます。

日本女性のきものへの憧れは、今も、そしてこれからも衰えることはありません。歴史ある京都で、歴史ある和装文化を礎に、現代にアピールする色や模様を追い求めていく姿勢を持ちつづけます。
「成人式には絶対きもの」という女性の、想い出とともに宝物の一枚となるために、ステキな振袖を創作していきたいと思っています。

浴衣

TONOYOオリジナル オトメノユメ

浴衣を和服としてではなく“夏の勝負服”と考えファッション性、トレンド性を取り入れながら、より美しく、より華やかに夏の女性を演出します。有名アパレルショップ、セレクトショップとのタイアップ、読者モデルとのコラボレーション等浴衣の未知なる可能性を追求し新しい世界を発信しております。

宝飾

ジャパニーズカジュアル部門では、消費マインドを敏感につかみ、的確に対処していく俊敏さが必要です。情報力とその分析力がタイムラグなく判断されることを期待されるのです。それだけ、一人で企画・立案から展示まで任されるという面白さもあります。ここはキュートな発想やエキセントリックな考えも受け入れる部門なのです。そんな才能と行動力・交渉力が今いちばん求められています。
  • 和雑貨ショップ 布屋みさやま
  • アパレルショップ Mervei Lleuse メルベユーズ Excel by Longchamp® elley